不倫ケータイ プライバシーモード

HOME > 浮気ケータイ・不倫ケータイ > 不倫ケータイ?プライバシーモード

不倫ケータイ?プライバシーモード



富士通のFシリーズ搭載の「プライバシーモード」は、以下の項目を非表示にできます。

・  電話の発着信履歴
・  メールの送受信履歴,本文,アドレス帳

別名「浮気モード」のニックネームを持ち、このシリーズが不倫ケータイ、浮気ケータイと呼ばれる所以ですが、本来、プライバシーモードは電話機の主が持っている情報を他者の目から隠すための機能です。

アドレス帳とか通話記録とか、見られたくないだけなら、携帯電話のロック機能をオンにしておけばいいだけなのですが、ロック機能がオンだと"何か隠してる?"と疑惑の目を向けられる可能性もあります。

何も後ろめたいところのない人ならロック機能の是非なんか考えないと思いますが、不倫中の人だとそうでもありませんから、いろいろと心配するむきもあるのでしょうね。 d(^_^;)

そこでプライバシーモードの出番。浮気相手の電話番号やメアドをプライバシーモード指定にしてけば・・・

普通に操作するだけでは、電話帳に不倫相手を特定できるデータは表示されません!また、データや通信記録の閲覧には、持ち主だけがわかる特定の操作が必要になります。

着信時には電話帳登録の名前表示を隠して番号表示、あるいは着信自体表示しない、いずれの選択が可能。メールも通知表示なしで受け取ることができます。

ロック機能がオフであれば"隠し事はない"、そのうえでプライバシーモードが明らかにしたくないデータを隠してくれる…疑われることなくく、こっそりと不倫相手とやりとりできる。なるほど不倫にもってこい!?

ちなみに、プライバシーモードはガラケーで有名になった機能ですが、現在ではスマホでも搭載されており、現行機のARROWS NX F-04Gにも搭載されています。不倫疑惑の対象がスマホユーザーだからといって、清廉潔白と断定はできませんのでご用心。 d(^_^;)


 

PAGE TOP